大鑑 巨砲。 大鑑巨砲主義 : 車楽、写楽、洒落

(C95) [大艦巨砲組 (あずさのりへー)] さくらちゃんとお仕事チャレンジ (カードキャプターさくら)

大鑑 巨砲

ひるがえって空母というのはとてつもなく脆弱なものです。 2005年11月18日 金 22:24 UTC 要は項目名が悪い、「使われ方」などというから「実例」書いちゃう人が出てくる、ということで、項目名を変えてみました。 つまり、強ながどれだけ保有するかが的となり、実際に火を交えることなくそのの持つ軍が明されると考えるに至った。 もしあなたが追加した記述が「出典なし」として除去されたことが不当だと思ったら…… 良い例 - 出典をみつける。 編『現代国家における軍産関係』日本国際問題研究所, 1974年、333頁には、「マハンはイギリスの先例によりつつ、国力の基準は巨大な生産力と遠大な市場、それを結ぶ通商航路の確保とにあり、そのためには戦争における敵艦隊勢力の撃滅が海軍戦略の中心であり、大海軍を必要とするという主張を唱えて、広く世に訴えた。 艦載機を含む空母保有も評価はされていましたが、力の象徴「戦艦」は別格でした。 出典を示す義務を負うのは、書き加えようとする側です。

次の

大鑑巨砲主義 : 車楽、写楽、洒落

大鑑 巨砲

今更感がありますが、終身雇用の時代がようやく終わろうとしていて、いい大学を卒業して、いい会社に就職して、会社の言うとおりにまじめにやっていれば、定年まで働けて、定年後は悠々自適みたいな、古き良き日本の会社が少なくなっていくはずです。 830 views• 五十嵐暁郎『神奈川法学』13 1 では、『文書』二 168頁から宛書翰にある「拒西洋諸夷者、不在大艦巨砲而、當大興教化也」が引用されています。 20世紀初頭、16年にが建造した級が大艦巨砲主義の先駆けであるとされる。 例えば、タラント空襲については日本もアメリカも研究しました。 軍戦備と思想 ないしはドクトリン の両輪ならまだましなのですが、あまりに軍戦備の部分が突出すると、他の記事に統合すればいい状況に陥りかねません。 「こんなスゲェの持ってんぞ!」という自慢とか、「まったくウチのは図体だけデカくて何も役に立たないんだから」というオバヤンの愚痴みたいなものでもなんでも結構です。

次の

聖将・東郷平八郎の真実・日本海海戦で完全勝利したが、太平洋戦争での『大鑑巨砲主義』(戦艦大和)の敗北を作った

大鑑 巨砲

() 2018年6月3日 日 14:08 UTC ありがとうございます。 --() 2018年5月5日 土 10:36 UTC まず最初に、あなたは私の会話だけに限らず多数の所で「ブロック依頼に提出することになります。 現在出典のある記述はほぼ私の加筆ですが、その点は気を付けているつもりです。 チュートリアルでも他の記事を出典にしてはいけませんと教わったはずです。 あなたの定義では現在も建造中の計画艦は計画艦ではないというおかしな話になりますが。

次の

ミリタリー偉人伝「大艦巨砲主義を否定し続けた過激な航空優越論者、ウィリアム・ミッチェル」|サバゲーアーカイブ

大鑑 巨砲

私も記事中に挙げた佐久間象山以外に二、三当たってます。 南雲機動部隊自体が活躍する前に壊滅状態ですwww!!! まずは、適切な出典を用いて記事本体を適切に加筆する。 --() 2018年7月10日 火 11:11 UTC 私からは、「ルールに従って編集 除去・加筆 しましょう」としか申し上げようがありません。 事前通告するのは話し合い(今回は明確な方針の違反なので出典の提示)で解決できるならその方がよいからです。 ただ、この記事の出典の付いているところの大部分がとかぶってしまうので、一から 定義文から 書き直すのが良策ではないかと考えています。 戦勝国になったイギリスやフランスは、「第二次大戦の終結後」に戦艦を完成させています。 反攻作戦では米軍も大いに活用しました。

次の

(C95) [大艦巨砲組 (あずさのりへー)] さくらちゃんとお仕事チャレンジ (カードキャプターさくら)

大鑑 巨砲

アメリカに部品をオーダーしているのですが、メーカー欠品中のようでショップからの発送すらまだ。 航空戦艦改装後の伊勢。 その節目とあってか、いくつかのメディアで大和を題材にした記事を見かけましたが、その一つにこんなのがありました。 BfDXjJtUZv6qさんは「存在しないか、あるいは適用頻度が極めて限定されたもの」と書いてるし、対応すると思われる表現も別にあげてる。 敗因を大艦巨砲主義のせいにすれば、航空参謀としての自分の責任を回避でき、自分は傷つかずに済みます。 それとも他に別の見直しがあったのですか? また繰り返し言っておきますが、空母改装の予算は臨時軍事費から拠出されています。 戦艦無用論がいかに強く提唱されても国の命運を賭けてまで、戦艦の砲戦力を全廃することなど到底採りうる方策ではなかったというのが現実である。

次の

『日本海軍は大艦巨砲主義に固執して負けた』

大鑑 巨砲

彼は実際に飛行機で軍艦、それも主力戦艦を撃沈可能なことを証明してみせたのですが、その説があまりにも正しすぎたがゆえに、そして彼自身の性格もあって、以後は航空の先駆者として華々しい経歴をたどるどころか、不遇の余生を送ることになります。 860 views• しかも20機を返り討ちにしています。 そして第2次世界大戦が連合国の勝利によって終わり、世界が落ち着いた翌年の1946年、アメリカ合衆国政府・議会は改めてウィリアム・ミッチェルの功績と先見の明を認め、その名誉を再回復して少将へと昇格させるとともに、議会名誉黄金勲章を与えたのです。 かたや級のはmm~0mmという大きさである。 戦艦至上主義とも呼ばれる」とでも書いて、『大艦巨砲主義の盛衰』を出典とすれば、イギリスやアメリカの「大艦巨砲主義」についても書けると思います。 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について の解説 …こうした快速の装甲軍艦の威力は,リッサ海戦 1866 ,黄海海戦 1894 を経て, 1905 で決定的に証明された。

次の