厚生 年金 から 国民 年金 切り替え。 国民年金と厚生年金の切り替え方法は?手続きを忘れるとどうなるの?

厚生年金と国民年金の切り替え手続き方法は?就職、退職時は要注意

厚生 年金 から 国民 年金 切り替え

厚生年金から国民年金への切り替え方法 退職して厚生年金から国民年金に切り替える場合、次のどれに該当するかによって切り替え方法が変わってきます。 厚生年金は企業と折半して支払うので勤務先が変わる場合は支払い・管理をする場所が変わることになります。 この場合、厚生年金に加入し直すまでの間は国民年金に加入している必要があるので、「厚生年金から国民年金への切り替え」が必要です。 なお、手続きの失念によって、一括請求された保険料が支払えない場合や、国民年金加入の届け書を無視した場合では、その期間が年金の未納期間として取り扱われることになる。 952 15,590円 平成28年4月~ 16,660円 0. 【退職日と転職先の厚生年金への加入日に期間がある場合】自分で国民年金に切り変えることが必要 退職後すぐに転職が決まっている場合は個人で手続きをする必要はありませんが、転職先が決まっておらず、退職後しばらく転職活動をする場合は厚生年金に加入するまで国民年金に加入する必要があります。 私は、後者を選択しました。 基礎年金番号は年金手帳に記入されているため、通常は年金手帳を持ってくるように言われます(そのまま勤務先が年金手帳を預かることもあります。

次の

転職時の厚生年金と健康保険の切り替え方とは?期間が空く場合・空かない場合で分かりやすく解説!

厚生 年金 から 国民 年金 切り替え

ただし、切り替えには年金番号が必要になるため、年金手帳の提出を求められる可能性が高いでしょう。 厚生年金保険に切り替えたときとは、異なり、国民年金保険へ自動的に切り替わりません。 手続の方法と必要書類 職場を退職して厚生年金の加入資格を喪失した人は、 退職の日から14日以内に住所地の市区町村役場で国民年金への切り替えが必要。 再就職などによって扶養の条件を外れる場合は、新たに保険加入手続きが必要になります。 国民年金や厚生年金の特徴、切り替え方法を知りたい方は、これから説明する内容を参考にしてみてください。 厚生年金から国民年金への切り替え手続きと同様、年金手帳・印鑑・身分証明書・退職日が確認できるものを持ち、最寄りの市区町村役所に行って手続きを行ってください。 フルタイムで契約期間を定めずに雇用される一般的な正社員の場合、入社後は社会保険に加入することになります。

次の

退職後は厚生年金から国民年金に切り替えが必要?支払額はどうなる?

厚生 年金 から 国民 年金 切り替え

それぞれの手続きについて説明します。 なお国民健康保険に加入しない場合は、年金の手続きだけ行うことになります。 運転免許証(本人確認できるもの) です。 まとめ 就職すると年金手帳を提出するだけで厚生年金加入手続きをしてもらえ、保険料も毎月の給料から差し引いて納付、退職する際も厚生年金の脱退手続きは会社が行ってくれます。 会社勤めから離れれば、公的手続きを自ら行う必要がある点は、しっかりと意識しておきたい。 扶養に入る条件は以下のとおりです。

次の

国民年金と厚生年金の切り替え!退職後の手続き

厚生 年金 から 国民 年金 切り替え

国民年金は満額でも月額 6万5000円程度ですので、老後の準備をしっかりとしておきたい場合にはできるだけ厚生年金に加入しておきましょう(個人事業主の人も事業を法人化することで厚生年金に加入できるようになります) 切り替えができているかの確認方法 過去に個人事業主やフリーターとして働いていた時期と、正社員として働いていた時期がごちゃごちゃになっている…という人の場合、自分がきちんと年金保険料の支払いや切り替え手続きができているのか?と不安に感じている方も少なくないかもしれません。 退職者が行う国民年金加入の手続き 国民年金保険に加入する場合は、「国民年金第1号被保険者の資格取得手続き」が必要になります。 したがって当然、この制度に適用される人は将来、厚生年金と国民年金をあわせて受け取れるのである。 実際にiDeCoを始めてみる iDeCo(個人型確定拠出年金)は「じぶん年金」の決定版であり、老後の資産づくりのための最強の制度です。 必要書類は上記の郵送の場合に必要なものに加え、代理人の身分証明書 運転免許証、個人番号カードなど が必要です。

次の

年金を切り替える:厚生年金から国民年金へ ~ 退職・転職する時の手続き

厚生 年金 から 国民 年金 切り替え

ではなぜ手続きが必要なのでしょうか? 理由は「年金の未納期間が発生する可能性」があるからです。 退職日から14日以内に手続きをする必要があるので、スムーズに終わらせたいですね。 先ほどの国民年金から厚生年金への切り替えと異なり、こちらのケースでは自身で手続きを行う必要があるため、注意したい。 自身の加入制度を把握して、年金の切り替え手続きを 就職や転職、退職など、自身もしくは配偶者の働き方が変わる際は、年金の切り替えに注意する必要がある。 国民年金の加入手続きは本人が忘れずに 国民年金の加入手続きは本人がする必要があります。 手続きの失念に気付かないケースもあるだろう。 退職後すぐ翌日から次の会社で働ける(=新しい会社で厚生年金に加入する)のであれば切り替え手続きは不要ですが、たとえ1日でも空白期間があれば国民年金に加入(第1号被保険者)しなければなりません。

次の

国民年金から厚生年金に切り替えた場合、将来貰える額はいくらになるの...

厚生 年金 から 国民 年金 切り替え

退職日と転職先の社会保険への加入日にタイムラグがある場合 このようなケースでは、一定の条件を満たすと退職後も引き続き一定期間、退職先の社会保険を任意継続することができます。 国民年金保険料を前納した人が就職した場合、しばらくすると『国民年金保険料還付請求書』が送られてくるので、口座番号などの必要事項を記入して郵送します。 またBさんは第3被保険者から、第1被保険者になるので、「国民年金第1号の資格取得の手続き」が必要になります。 もし失業中で年金を払う余裕がない場合は、保険料の免除・猶予制度を活用しましょう。 第1号被保険者の人が月の途中で入社した場合、入社日がいつであっても入社日当日に第2号に切り替わることに。 それぞれの意味についてまとめました。 加入期間が、満期(40年間)であれば、満額給付されますが、満期に満たない場合は、加入期間に応じて減額されます。

次の