比企 谷 八幡 ss。 【比企谷小町SS】八幡「暇だ……>>4でもするか…」【俺ガイル】

監督「3、2,1 」 比企谷八幡「青春とは悪である・・・・・・」

比企 谷 八幡 ss

想像で補完して欲しい」 八幡「ただ一つ言えるのは」 八幡「陽乃さんも女の子だった、ということだけだ」 終 元スレ sspark. 特別に教えてあげるわ。 」 結衣「なにかあったの.......... そういう意味じゃない。 」 結衣雪乃「そんな・・・・・・」 八幡「それでもし俺が一人前の役者になったとき! 二人が俺に対して気持ちが変わらないのなら!その話はそのときに しよう! おれがんばるから!」 雪乃「ふ、ふん。 しゃーない」 雪乃「あ、あの・・・・・・よ、よかったら少しだけ」 八幡「くっくれるの?」ガバッ 雪乃 コクリ 八幡「じゃあいただきまーす」ウデノバシッ 45 : やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 ねえ、あなた恥ずかしく.......... 」 雪ノ下「ひ、比企谷君?」 結衣「ヒッキー?」 八幡「高校の教室でバレンタインデー、みんながチョコを貰う中、一人貰えずに机にぼーと座っている俺の姿が浮かんできた..........。

次の

平塚「それで比企谷、一体どうしたんだ?」八幡「・・・はい」【俺ガイルss/アニメss】

比企 谷 八幡 ss

あーしもう喉カラカラなんだけどー?」 由比ヶ浜「ご、ごめんね。 ま、座ったら? あなたも」 八幡「えっ? あっはいっ!」 小町「初対面の女の子に主導権握られるお兄ちゃん・・・・・・」 雪乃「頂き物のお菓子よ。 八幡をメインに描いている作品というと、そりゃあ主人公なんだからほとんどのSSがそうだよとなります。 えへへへ..........。 結衣、雪乃。 このSSの素晴らしいところは最初は原作八幡なのですが、アイドルをプロデュースしていくことで八幡自身が成長し変わっていく様子を丁寧に描いているので違和感なくこのSSの八幡を楽しむことができました。 私も小町さんにあんな分かったようなこと言っておきながら」 雪ノ下「私は、前のあなたに戻って来て欲しいなんて思ってる」 85: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

次の

平塚「それで比企谷、一体どうしたんだ?」八幡「・・・はい」【俺ガイルss/アニメss】

比企 谷 八幡 ss

遅れて」 雪ノ下「」 由比ヶ浜「」 25: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 本物の彼はそんな生きた人間のような目はしていないわ」 八幡「ひでぇ……。 雪ノ下「ふ、ふざけないでちょうだい。 57 ID:IP2wMsuPO 雪乃「………私が脱がせてあげてもいいのだけれど」 八幡「はあっ!?」 雪乃「そこまで驚ける活力があるのなら痒みなんて堪えられるはずだけど」 八幡「そ、それとこれとは別だろうよ!?」 雪乃「まぁいいわ、どうするの?自分で脱げられるのなら任せるわ」 八幡「じ、自分で脱ぐに決まってるだろ!」 雪乃「そう。 」 結衣「私もわからないけど.......... 雪乃下やっぱええわ」 雪乃「・・・・・・嬉しいような悲しいような・・・・・・」 47 : やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 あれもてない男の理想だろ。 その気になれば友達百人くらい簡単に作れるんだよ。

次の

比企谷の自殺

比企 谷 八幡 ss

」 結衣「ヒッキー..........。 72 :Wyq9FxsZO 結衣「ゆきのんはなんで着ぐるみなんか着てるの?」 雪乃「知りたい?」 結衣「知りたい!」 雪乃「どうしようかしら」 結衣「えー、意地悪しないで教えてよぉ」ウルウル 雪乃「しょうがないわね。 別に、いつもよりしっかり寝たからかなんか体調いいし。 118• 本業は芸人やっとるねん。 彼は治るのでしょうか?」 医者「戻らないということはないと思います。 その鳥は由比ヶ浜にピッタリだ」 結衣「そっか……にへへ、よーし!これでヒッキーを修正だ!」 雪乃「頑張りましょう」 八幡「しなくていいから、てかマジで止めてください」 結衣「遠慮しなくしてもいいんだよ」 八幡「してないから、これぽっちもしてないから」 雪乃「きっと恥ずかしいのよ。

次の

【比企谷小町SS】八幡「暇だ……>>4でもするか…」【俺ガイル】

比企 谷 八幡 ss

奉仕部の存続に深く関わる大事なことだ」 雪乃「……」 平塚「その為にもある人物から話がある。 ヒッキー!!」 八幡「ちょっ.......... まあ爆発的ヒットは望み薄かな・・・・・・」 八幡「そうっすか・・・・・・」 監督「すまないね。 じゃこれで」スタスタ 105 : やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 お前は前々から一つ大きな思い違いをしている」 小町「?」 八幡「俺はな、長年の経験から『友人など不要』と悟ったんだ。 あ、今の小町的にポイント高い!」 八幡 あ、あと余りにも手馴れていた様子だったので勘違いしたが、どうやらあのウサ耳店員はどうやら「メイド体験」の人だったらしい。

次の

魔法科高校の比企谷八幡

比企 谷 八幡 ss

vip2ch. それは足音が近くなるたびに大きくなっていく) 八幡(ついに彼女がロッカーの前に来てしまった) 八幡(中をのぞき込む彼女の視線と俺の視線は交差しない。 放っておいても問題はないだろ」 ままのん「すみません」 八幡「どうしました」 ままのん「ここは雪ノ下家で合っていますか?」 八幡「……」 ままのん「あの……」 八幡「はい、合っていますよ。 私はゆきのんに……ヒッキーに真っ向から立ち向かいたい!」 八幡「!!」 結衣「そしてゆきのんを拒絶なんて絶対にしない。 卒業までそれ使わなきゃいけないんだけど) 陽乃「私のが染み込んだバッグを比企谷くんが……えへへ」 八幡(よーし、買い換えてもらおう) 陽乃「…………」 八幡(急に無言になられると怖いな……) 陽乃「このイス、比企谷くんの温度が残ってる……」 八幡(なんで分かるんだよ、俺今日一分も座ってないのに) 陽乃「よいしょっと」 八幡「!?」 陽乃「比企谷くん……もっと……」 八幡(もっとなんだよ!もっと気配を消せっていうのか!消してるよ!) 陽乃「…………」 八幡(静かになった……まさかバレた!?) 陽乃「…………」ガサゴソ 八幡(堂々と人のバッグ漁らないでくれません?別にやましい物は入れてないけども) 陽乃「筆箱……」 八幡(そんな感慨深く呟くほど変ですかね。 ほら、脱いでちょうだい」 八幡「脱ぐ!?」 雪乃「イヤらしいこと考えないでちょうだい。 」 雪ノ下「そうね..........。 にゃんにゃんです」 静「君たちはここを何だと思ってるんだ!今日という今日は許さん!雪ノ下!由比ヶ浜!」 42:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

次の

だめのん ダメのん ダメノン 【俺ガイル】

比企 谷 八幡 ss

絆創膏ね)ペリッ 雪乃「八幡、こっち。 ってかお前も普通じゃないからな」 雪乃「当たり前じゃない私を誰だと思っているの?世界で一番可愛い女の子、雪ノ下雪乃よ」 八幡「そうだったなー、で?今度は何をする気だ?」 雪乃「ふふ、気になる?」 2:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 邪魔しちゃ悪いからね」 静「えーわたりんも一緒に食べよーよ?」 監督「僕がいたら彼らが気を遣う。 フレンド登録してた人の部屋に入った瞬間『フレに呼ばれたんで失礼します^^;』って立ち去られた俺の傷口を抉るのはそこまでにしておけ? 泣くぞ?」 小町「いや……そんなネトゲのフレンドにすらフレンドと認められてないお兄ちゃんの話聞かされた小町の方が泣きそうだから……」 15: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 なんか早くしないとダメな気がするんだ。 64 ID:IP2wMsuPO 雪乃「結論を言うわ」 八幡「え」 雪乃「ただいまを持って、比企谷八幡くんに同情の念を込めて優しく接するキャンペーン、終了よ」 八幡「なんでだよ!?」 雪乃「もう、同情する必要性が無くなったから」 八幡「いや、今!今でしょ!」 雪乃「ほんと、あなたって恋愛絡みになると鈍感なのね」 八幡「いや、え?」 雪乃「……私がいるじゃない」 八幡「………」 雪乃「これからは、どんな場所、どんな状況でも必然的にあなたの味方になるわ」 八幡「雪乃……」 雪乃「…………幸せにしなさいよね。 生憎、俺は暴力振るう彼女は基本的にNGの方向なので。

次の

比企谷の自殺

比企 谷 八幡 ss

虫が良すぎるかもしれないが……) 職員室 コンコンガチャ 八幡「失礼……します。 日曜日にテレビに出てるじゃねーか。 てっきり下校時間まで怒られるかと……」 雪乃「……もう少し時間がかかるものだと思っていたのだけれど、一体どんな手を使ったのかしら」 八幡「……お前らさ、いい加減にしとけよ」 結衣「えっ……」 八幡「いつもいつも罵倒やら暴言やら人を傷つけてトラウマ抉ってばかりいてさ、お前ら楽しい?」 雪乃「な、何を言って……」 八幡「俺は楽しくなかったね。 今たぶん涙で潤んで三割増しくらいに輝いて見えるんだと思う」 29: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 君がこうなったのも私たちにも原因がある」 八幡「とんでもない! 出演できるだけ感謝してますよ! 雪乃や結衣とも出会えましたし!」 監督「おー? あの子たちと何か特別なかんけー?」 八幡「監督まで! そんなんじゃありませんよ」 監督「まあとにかく。

次の