アルファ ポリス 悪役 令嬢。 恋愛小説一覧

悪役令嬢?小説一覧

アルファ ポリス 悪役 令嬢

見直しもあまり出来ないのでいつも以上に誤字脱字等も多いです。 やってられるか!と逃げ出したアイリスは、偶然馬車に乗り合わせた美麗の騎士を助けてしまい深く感謝され、そのまま彼の屋敷で暮らす事に。 一話5000文字程度。 本編のイメージ及び設定を著しく損なう可能性があります。 代わりに来週休むかもしれないけど。 ヒロインはアホの子ですし、コメディタッチです。 まる1日後に即死するそうです。

次の

悪役令嬢は脇役くんが好き(@Lamiadoll)

アルファ ポリス 悪役 令嬢

何のパーティーかご存知なのかしら。 けど前世の記憶が乗っ取る系って元の人格視点だと結構当てはまるからそうでもない? 転生じゃなくてNPCが自我に目覚めたとかにしてSFとか……微妙か。 君との婚約を破棄する!」 その日、16歳になったばかりの私と、この国の第一王子であるカルロ様との婚約発表のパーティーの場で、私は彼に婚約破棄を言い渡された。 ユーザID 174845 ユーザネーム 卯月 みつび フリガナ ウヅキ ミツビ サイト 自己紹介 昔、「Steins;Gate」という作品がきっかけで私もこんな作品が作りたいと、血迷った挙句、こうして登録しております。 異世界[恋愛] 完結済:全3部分• 結婚していることをふと思い出したソアリスは「これで離婚できる」とほっとする。 だがこのまま行くと、夜会のパーティー会場で皇太子に処刑されてしまう。

次の

悪役令嬢は脇役くんが好き(@Lamiadoll)

アルファ ポリス 悪役 令嬢

「お姉ちゃん、ここどこ?」 「え?」 姉妹ごと死亡し、異世界転生してしまった乃蒼(のあ)と妹の真名(まな)。 その言葉だけは絶対許せませんわ。 豆腐メンタルの作者です。 幼い頃から皇帝アルバートの「皇后」になるために妃教育を受けてきたリーティア。 しかも、公衆の面前で新しい婚約者の『聖女』を連れてという最悪の形でだ。 果ての塔へ幽閉され《武神》の仕事から解放されたリコリスは喜びに満ちていた。 「こんな国、もう知らない!」 そんなある日、とある街で子供が怪我をしたため、術を使って治療を施す。

次の

卯月 みつび

アルファ ポリス 悪役 令嬢

家族にも見捨てられ、頼れる人が居ない。 同じ時を繰り返す原因は、主人公が完全クリアを目指し、何度も何度もゲームをやり直しているからだった。 けどこういうときに限って今週の更新は火曜日に『我が罪への~』でやってたり。 真名はヒロインのアリス、聖女として転生していたが、 乃蒼はアリスの姉、聖女であり悪役令嬢のドロシーに転生していた。 飯テロとカワイコちゃん達だらけでたまに恋愛モードが降ってくる。

次の

きゃる

アルファ ポリス 悪役 令嬢

成金だった実家の没落により、ソアリスはお城勤めを開始して22歳になっていた。 しかしリコリスは体が弱く皇太子が尋ねてきても何時も寝所で臥せっていた。 王太子との婚約を一方的に破棄され、王太子は伯爵令嬢マーテリーと婚約してしまう。 異世界[恋愛] 短編• 短いお話です。 学園の卒業パーティで婚約者である王太子から「悪女」だと糾弾され、婚約破棄を言い渡された公爵令嬢のコゼット。 多分、カルロ様はそれに気付いていた。 最後は誰に捕まるのか。

次の

悪役令嬢は脇役くんが好き(@Lamiadoll)

アルファ ポリス 悪役 令嬢

あろうことにも… 「お前の就職先は俺の嫁だ」 俺様気質の若旦那に求婚されることになるのだった。 だけどいつの時代でも古い因習に囚われてしまう人達がいる。 彼女の母親も国を守って命を落としている。 楽しんで頂けるよう一生懸命書きますので、どうぞよろしくお願い致します。 けれど、アデラインは、シナリオに逆らわず、婚約破棄され、敗戦国の隣国に嫁がされるという事実上の国外追放の処分をうける。 私は殿下に婚約破棄され貴族社会から追放された。

次の

悪役令嬢?小説一覧

アルファ ポリス 悪役 令嬢

一応、関係者ですし。 伝説のスキル「テイマー」の力が目覚めた平民のノネットは、両親に売り飛ばされてしまう。 苦手な方はご注意ください。 それでもよければ、楽しんでいただければ幸いです。 なんと女神が聖女に選んだのはアイリスだった。 ご了承下さい。

次の

恋愛小説一覧

アルファ ポリス 悪役 令嬢

「なんで君なんだ」 「…………そうですよね、私もそう思います」 会話は続かず、黙ってお茶を飲むこと数回。 私はただ聖女同士仲良くしたいのに……セレネ様は私を追い出そうとしている。 ……わざとやってたら悪役令嬢というか悪女だし、天然でやってたらさらにどっちに転んでも失恋……他人の恋人に弱い人っているよねー。 しかし魔法技術が発達し、巷では「聖女はもはや不要」という風潮が浸透してきていた。 婚約破棄されてから2年後の物語です。 次の瞬間、彼女は笑みを浮かべた。

次の