きゅうり の 育て 方。 家庭菜園でのきゅうりの育て方やコツをご紹介【初心者でも安心】

きゅうり【鉢植え】

きゅうり の 育て 方

(参考:) キュウリの成長はとても早く開花してからあっという間に実が大きくなっていきます。 苗と土の選び方 良い苗の選び方 きゅうり栽培には、種から育てる方法ととすぐに植えられる状態に育った苗から育てる方法があります。 モザイク病は、一度感染すると薬剤による治療ができないため、ウイルスを媒介するアブラムシ類の飛来を予防します。 ホームセンターでの苗の販売は4月初旬からはじまりますが、4月初旬に植え付けると、霜でやられてしまいもう一度苗を購入する確率が非常に高くなります。 つるおろし栽培(弦下し)とは つるおろしとは摘心をしないでそのまま弦を伸ばし続ける栽培方法のことを言います。 1度乾かしてしまうとアウトです! 発芽したら、日当たりのよい場所に移して引き続き管理し、本葉が4~5枚に生長したら、生育のよいものを苗として、鉢やプランター、地面に植え付けていきます。

次の

きゅうりの育て方・植え付け、用土、株間、支柱ネット、追肥や収穫などの栽培管理

きゅうり の 育て 方

害虫も病気と同様に、見つけたら早急に対処して被害の拡大を防ぎましょう。 (参考ページ:) キュウリの追肥の頻度と与える量 キュウリに与える肥料の種類は化成肥料や油かす、または有機配合肥料を与えます。 雨が続いて湿度が高いとこのような葉はベトベトになるので、この名がついてます。 日向を好む• なぜかというと一番果はまだ株自体が小さいうちになってしまうため、実に養分が取られ 株が弱ってしまうからです。 摘果 キュウリは、一つの株に雌花と雄花を咲かせますが、人工受粉をしなくても実をつけるため、人工授粉の必要はありません。 日照条件:日なた• また植え付けた後は株元を軽く押さえてやります。

次の

家庭菜園でのきゅうりの育て方やコツをご紹介【初心者でも安心】

きゅうり の 育て 方

キュウリの育て方!支柱立ての時期と方法は? キュウリはつるを伸ばして生長するので、植え付けてから1週間後には、つるを絡ませられる支柱を立てていきます。 このとき、根を傷つけてしまわないように苗から10cmほど離し、そっと立てるようにしましょう。 夏場の暑い時期は、気温が下がってから水やりをします。 ただし、梅雨の時期は長く続く雨によって湿度も上がり、根が傷みやすくなってしまいます。 キュウリの根の酸素要求量は野菜の中でも大きい方なので、土壌の孔隙量が多くするため腐葉土などを混ぜておきましょう。 きゅうり栽培手順 まずは、きゅうり栽培について大まかな手順を紹介します。 いろいろな品種を試してみよう キュウリは繊細で、品種によって結果に差が表れやすい野菜です。

次の

【家庭菜園】【きゅうりの育て方】たくさん収穫できる、家計の味方

きゅうり の 育て 方

肥料は少量をこまめに行う• しかし高温になりすぎないように注意します。 もともときゅうりは地面に這ってつるが伸びていくような植物ですので、ネットを使うと親づるは誘引する必要があるにしても、子づる孫づるは勝手にネットに絡んでくれます。 果実の長さは1日で3~4cmも伸びるといわれます。 本葉が2~3枚出てきたら、形や生育の悪いものをハサミで切り取り、1ポット1株にして植え付け時期まで育てます。 キュウリの植え付け(定植) キュウリの植え付けは、遅霜のなくなった頃、春の大型連休の前後が良いでしょう。 きゅうりの土作り 育てる場所が決まった後の、きゅうりの育て方と言えば 土作り。

次の

キュウリの育て方!プランター栽培で初心者が収穫できる方法

きゅうり の 育て 方

バリうま:25~35cm• その他に、つるを地面に這わせて成長させる「地這いキュウリ」もあります。 本葉が1枚出始めたら、大きめのポットに植え替えます。 ぜひ、このきゅうりの育て方を読んで、 自宅で簡単な家庭菜園を始めてみてください。 このとき、きつく結んでしまうと紐が茎にめり込んでしまうので、多少余裕を持たせることがコツです。 数回に分けて栽培すると、秋まで長く収穫を楽しめます。 接木の苗を植え付ける際は、継ぎ目の部分を土の中に入れてしまわないように注して、浅植えしてください。

次の

家庭菜園でのきゅうりの育て方やコツをご紹介【初心者でも安心】

きゅうり の 育て 方

苗を植え付ける時は根鉢より少し大きめの穴を掘って根鉢を少しほぐして植えると根の活着が良くなります。 なぜきゅうりが曲がってしまうのか、原因はをいくつかまとめてみました。 漬物すると歯切れよい漬物に仕上がります。 追肥は一度にたくさんやらず、少量ずつこまめにあげるようにしましょう。 そのため、果実の肥大期に水分が足りなくなると、果実が大きくならなかったり、変形果を生じやすくなります。

次の

【初心者】きゅうりの栽培・育て方のコツ(摘心・病気・温度・曲がる原因など)|【簡単】家庭菜園の始め方と初心者におすすめグッズ

きゅうり の 育て 方

また、現在見られるキュウリのいぼは、ほぼ白いものばかりですが、かつては黒いぼ系が主流でした。 また成長が早いために肥料切れを起こしやすく、肥沃さも重要です。 水量は1株につき1回あたり3Lほど与えると良く育ち瑞々しいキュウリが収穫できます。 さらに家庭菜園では苗を購入することのほうが多いですが、ここでは種まきから説明します。 特徴:病害虫対策をしっかり行なうことが大切です。

次の