ワイテルズ nakamu。 【Minecraft】彼がフラグを回収してやらかしてくれました。【トレクラW2章Part7】

#ワイテルズ 露草色の存在

ワイテルズ nakamu

しかしワイテルズは嫌と思うことは一切ないので自由に投稿しても大丈夫。 全速力では帰れない。 「多分どっかで戦った時に負った傷そのまま隠してて熱が出たっぽい。 いっぱい泣いとけ。 「自分が頼りないリーダーだと思っているのではないか?」 「ま、まあ、はい、そうですね……」 事実なので大人しくそう答える。

次の

ワイテルズの中で相棒やパートナーってありますか?あるなら...

ワイテルズ nakamu

「なんで、なんでっ、!!あんなこと、したの…………それはさ、訳が違うじゃん!!!俺だって人のこと言えないかもしれないけど、でもしゃけのは、………っ!!」 Broooockに抑えられながらNakamuは叫ぶ。 寝起きの彼には何を言っても無駄だ。 あ、制裁するなら俺も参加させろよ。 暴力(捕色)組:ブルーク、シャークん• 「お前、隠してるだろ。 ただ、今はまだわからないだけ。 ^^」 スマ「ほう……?その馬鹿共は随分と命知らずなんだな…。

次の

#1 無くしたモノ−Prologue

ワイテルズ nakamu

必死にゴシゴシと目をこすり、無理矢理涙を止めようとし始めた。 」 「でもっ!」 「Broooock。 「……千切りしてるんだよね?めっちゃ切り方粗いけど大丈夫なのそれ」 「え?あぁ、本当だ……」 手元を見てみると、キャベツは酷い有様で、不器用な小学生が切りました、と言えるような出来になっていた。 まあ、ネタ何も考えてないんで時間はかかると思いますが…。 情けなく泣きまくったからな」 「もう言わないでそれ……」 昨日、総統と書記の意味のわからない行動により、散々泣かされたNakamu。 失踪しないようにします。

次の

【Minecraft】彼がフラグを回収してやらかしてくれました。【トレクラW2章Part7】

ワイテルズ nakamu

いつもなら、置き土産のひとつやふたつ 数部隊分くらいの兵力は潰して 置いていくのだが、生憎そんなことを言ってられる余裕もない。 どうしてなのかはわからないが、Nakamuは何度繰り返し俺らがその旨を伝えても何度も秘密を作る。 -その頃。 目の前で、泣きながら俺の横たわっているベッドのシーツを掴んでいる。 今俺は、怒られてるんだ。 」 違う、と言葉が出てこない。 何やら自分にあった特注の万年筆が作れて、何よりその質がいいのだと。

次の

#ワイテルズ ひみつはだいじに

ワイテルズ nakamu

どしたのきんとき、と引き気味に聞かれるがそんなこと気にしない。 お前が団長であることが、誰にとっても大切だからな」 「そうだといいんですけど……」 「私が言うんだから間違いない」 グルッペンがあまりにも自信ありげに言うので、Nakamuは静かに笑った。 違う、わかってるんだ。 …むしろ頼られないのは寂しい。 どうせまた起きたって報告入ったらきりやんから怒られるんだろうなぁ、なんて思ってた。 バリバリのヤンデレです。

次の

#1 水色が嫌がらせにあう話

ワイテルズ nakamu

それが、国がだいぶ安定し、外交にも手が回せるようになった今、国王としての仕事が増えたNakamuは俺らから距離を置くようになった。 」 きり「確か今日の講義は午前だけだったよな。 そんなこと。 昨日何をしてた?確かnakamuと…。 「Nakamu団長は頭が悪いのか?」 「ええ、そうですね」 「えっ、酷くない?俺団長だよ?」 「そうかそうか、彼は馬鹿なのか」 「ちょっと総統、納得しないでくださいよ」 総統官邸の執務室。 その目覚まし時計を覗き込むと、針は5時半を指していた。 今後のワイテルズについてNakamuより【重要】 「これからワイテルズはいろいろなことに挑戦していくと思います。

次の